ツバメ科

2013年11月 2日 (土)

コシアカツバメ( Red-rumped Swallow)

昨日の子と同じ場所でビュンビュンと飛びまわって、この子達に振り回せられました。

001

253

674

2013年11月 1日 (金)

ショウドウツバメ(Sand Martin)

この子が大阪で撮影できるとは思いませんでした。

とっ言っても、証拠写真で、リベンジリスト入りのままですが。

743

751

711

733






2013年10月 7日 (月)

コシアカツバメ(Red-rumped Swallow)

飛び出したノビタキを撮影して写真をチェックしたら、何故かツバメさんです。

ノビタキを撮影してるよもりでの撮影だったので、

余裕があったのか、随分とマシに撮れてます。

026

027

025





2013年6月19日 (水)

コシアカツバメ(Red-rumped Swallow)

電線止まりしか撮影できないと思ってても、

目の前を飛ばれたらついついチャレンジしてまいますが、

やはり結果は一緒でした。

今日から北に遠征してますので、予定記事です。

216

185

225

2013年6月 6日 (木)

イワツバメ(Common House Martin)

はい、チ-ズ!

044

040

2013年6月 1日 (土)

ツバメ(Barn Swallow)

他所ではかわいいヒナの姿を見られるようになりましたが、

ここではせっせと巣材の土を運んでました。

ヘタッピ-の私にもこんな時しか、ツバメを撮影ようしません。

200

129_2

177_5

201_3

095_3

141_2

2012年7月30日 (月)

ツバメ(Barn Swallow)

何時もならセッカ・オオヨシキリの鳴き声で賑やかな海老江も、

花火大会の準備で大勢の人・夏枯れの為か、鳥さんがいてません。

元気に飛び回ってるのは、この子達だけです。

行くとこが無くなってきました。

003

2012年7月18日 (水)

ツバメ(Barn Swallow)

電線・電柱とまりはよく見かけますが、

こんな処に止まってるのを見るのは初めてです。

025
023

2012年7月 6日 (金)

ツバメちゃん(Barn Swallow)

急に騒ぎ出したと思ったら、

親鳥がエサを持ってきました。

018

019

020



2012年6月15日 (金)

コシアカツバメ(Red-rumped Swallow)

電線止まりしかまともな写真が撮れてませんが、

おもっきし電線が邪魔です。

019_2
028
023_2
024_3
025

026



より以前の記事一覧

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリ-